uhb|みちゅバチ8ch

表示:スマートフォン版|PC版

2017年6月5日
雨との戦いに幕・・・運動会

待ち望んだ青空が朝一番に広がりました
「待ち望んだ青空が朝一番に広がりました」

 先月27日にピークを迎えるはずだった札幌市内の小学校の運動会今年は大変でしたね
みなさん週末ごとに一喜一憂されていたのではないでしょうか?
 
 
 理由は言うまでもなく“雨”です。先月26日から週末の天気は雨マークばかりで、早々に27日は「延期」という判断をした学校も多かったようです。
しかしドタバタは翌日に持ち越しました。翌朝も雨予報でしたが、朝起きた時は雨が降っていなかったので、判断にばらつきがでました。自分の学校は“グラウンドのコンディションも考えて翌週への延期”を決断しましたが、当日朝の判断でしたので、恐らく多くの家庭ではお弁当の準備をしていたはず。ただ、玄関を出ようとした瞬間に連絡が来たので、前日から準備していたおかずを朝食にいただきました。お弁当作りをしていた皆様の頑張りには頭が下がります・・・。
 

 ただ、実はこの日の対応は分かれたようでした。UHBの調べでは、先月27日に運動会を予定していた市内162の小学校のうち、4%が翌日に実施、88%が翌日に実施して再延期、8%が1週間延期する対応をしました。保護者にお話を聞くと、「子どもは体育館へ避難、シートを敷いている保護者はびしょ濡れになっちゃった」、「何度も中断し、結局中止、最後の運動会で子どももちょっとかわいそうだった」などそれぞれドラマがあったようです。
 

 再延期して平日に運動会を実施したり、1週間延期して実施して、何とかこの週末にはほぼ終えることができたはずです。しかし実はこの週末も天気予報の雨マークは続いていて、どこまでできるか不透明だったため、かなり早いペースで各学校は実施したようです。自分を含め1週間予定がずれると仕事の都合で出席できなかった保護者も多数いたようで、これまでにない思い出深い運動会となりました・・・
 
 
 親の立場からすると、何度もお弁当を作ったり、何度も早起きをしたり、何度も練習をさせたりと、なかなか経験しないことをさせてもらいましたが、感謝すべきは頑張った子どもたちと学校関係者の皆様です。モチベーションを落とすことなく全力で競技に臨む子どもたちの姿、グラウンドにブルーシートを敷いたりして、何とかコンディションを維持しようと努力し、ぎりぎりまで実施できないか考慮を重ねた先生方には、本当にありがとうとお伝えしたい気持ちです。

天気に左右されるイベントは、これからも遠足などまだ続きますが、今回の経験をもとに親子ともどもたくましく生きていきたいと感じました。
寒い中頑張ったみなさん、本当にお疲れ様でした~。


子どもの願いも届いたかな
「子どもの願いも届いたかな」


< バタバタ・シバタ! | バーバー新時代到来 >

最近の記事

最近の記事

篠原 巨樹(しのはら なおき)
篠原 巨樹(しのはら なおき)
入社以来ニュース、情報番組、テレビセールスの仕事などいろいろな経験をしてきました。毎日多くのことが起きるニュースの現場、内心ドキドキですが皆様はどうか気楽な気持ちでご覧ください。よろしくお願いします!