uhb|みちゅバチ8ch

表示:スマートフォン版|PC版

2017年6月30日
テレビ塔からジャンプ!

60周年を迎えるさっぽろテレビ塔
「60周年を迎えるさっぽろテレビ塔」

 今年8月に開業60周年を迎えるさっぽろテレビ塔。札幌市民なら一度は眺めたことがあるのではないでしょうか。札幌のシンボル的な存在のこの場所で、7月1日から度肝を抜くイベントが始まります。
それは・・・“テレビ塔ダイブ”高さ27メートル、ビルの8階から9階に相当する高さから大通公園に向かってジャンプするアトラクションです。バンジージャンプとは違い、安全ベルトを装着して、ワイヤーロープで飛び降りる形式で、クイックジャンプとも呼ばれます。テレビ塔によると、クイックジャンプとしては日本一の高さになるそうです。
 

 これは体験せずにはいられない!?と言うことで、一足早く飛ばせていただきました。
テレビ塔のエレベーターを上がり3階へ。チケット売り場の横を抜けて、普段は使われていない非常階段から4階へ向かいます。テレビ塔の下の緑の部分の屋上に出ると、そこには大倉山ジャンプ競技場や、市役所、デパートなど、見慣れた建物が視界に飛び込んできます

安全ベルトをつけて、あとは飛び降りるだけですが・・・いざ飛び降りるヘリの部分に腰かけて下を見ると、にわかに恐怖心に襲われます。小さいながらも見える地上の方々の視線が「早く飛んで」というメッセージにも感じたりして・・・。なかなか決心がつかず、スタッフの方へのインタビューがついつい長くなってしまいましたが、テレビ塔の方曰く、「下を見ると怖さが出てくると言うので、正面の大倉山を見ながら、ジャンパー気分で一歩踏み出してみてください」と。
 

 「そんなに怖そうに見えないよ~」と思う方も多いと思いますし、正直私もそう思っていました。が、ぜひ座ってみてください!私の怖さ、ほぼ間違いなくご理解いただけると思います(笑)
 
 
 下からの熱い視線と、スタッフの皆さんのカウントダウンに背中を押される形で、いざ飛んでみました!
飛んで4~5メートルはそのまま落下し、その後はブレーキがかかり、ゆっくりと下のマットへ。
あっという間の9秒間のダイブ体験でした~。
 
 このアトラクションは、「怖さよりも、一歩踏み出す勇気が試される」ものです。踏み出してしまえば、途中から爽快感も味わえるかもしれません。
 

 なぜこんなアトラクションを考えたのか。テレビ塔では「地元の方に来てほしい」という思いがあります。札幌や道内にお住いの方で、人生で何回テレビ塔に上ったことがあるでしょうか?「ほかのマチに行けば上るけど、札幌は見る場所」、「JRタワーや藻岩山展望台からの景色もきれいだし」など、上らない理由はそれぞれありますが、60周年を機に、足を運ぶきっかけにはなりそうです。
 

 イベントは7月1日から10月9日までの午前11時から午後7時まで。大人1200円、小学生800円で楽しめます。体重は20キロから100キロまでです。
ぜひ夏休みにご家族で、何もかも忘れたくなった仕事帰りでもアリかもしれません。札幌のシンボルでテレビ塔を満喫してみませんか?
 

 私は久しぶりに人前で大声出しちゃいましたが、いま思えば楽しかったです~(笑)


27メートルからの景色はとても素晴らしいです
「27メートルからの景色はとても素晴らしいです」


下を見ると・・・ぞわぞわするはず
「下を見ると・・・ぞわぞわするはず」


< バーバー新時代到来 | 雨にも負けず >

最近の記事

最近の記事

篠原 巨樹(しのはら なおき)
篠原 巨樹(しのはら なおき)
入社以来ニュース、情報番組、テレビセールスの仕事などいろいろな経験をしてきました。毎日多くのことが起きるニュースの現場、内心ドキドキですが皆様はどうか気楽な気持ちでご覧ください。よろしくお願いします!