北海道ニュース UHB

廃棄される食品 年間2万3000トン もったいない"食品ロス"時代 "救う料理を 札幌市

2017年4月22日08:00
 皆さんの家の台所に、使われずに眠っている食品ありませんか?。お土産でもらったものや、安売りで、つい買い過ぎてしまったなど、いろいろある方も多いのではないでしょういか? いま札幌市で、無駄な食品を楽しく減らす取り組みが、注目されています。

 4月16日、札幌市のマンションの一室へ集まってきた、主婦など6人。このパーティーの参加者です。

 サルベージ・プロデューサー 和田順子さん:「きょうはサルベージパーティーにお越しいただいて、ありがとうございます」

 「サルベージパーティー」とは、それぞれの家で余っている食材を持ち寄り、みんなで料理をして食べるといういうもの。主催する和田順子さんは、1年ほど前にサルベージ・プロデューサーの資格を取り、札幌市でこのパーティーを開催しています。

 この日が6回目。多いときには20人も集まるほど、注目されています。

 どんなものを持ち寄ったのか見てみると…。春菊やピーマン、ヤーコンといった野菜に加え…。

 パーティー参加者:「(素麺は)お歳暮のシーズンオフ品。安かった。さすがに2キロは…」「クラッカーといぶりがっこは、母からもらった。しょっぱくて、そんなに消費できない」

 さらにんな豪華なカニ缶も!

 こちらの山田さんは、3回目の参加です。札幌市で、夫と子ども3人の5人家族の山田さん。買ったものを忘れないようにするため、引き出しの中は一目でわかるよう収納していますが、それでも残ってしまうものがあるといいます。

 パーティー参加者 山田さん:「先日、友達とお好み焼きパーティーをした。ずっと残っている、お好み焼きの粉、夫の職場からもらってきたお茶漬け」

 大量に集まった残り物の食品。いつもどうしているのか聞くと…。

 パーティー参加者:「冷凍して、子どもがいないときに使うか、廃棄」

 このパーティーの背景には、食べ残しや手つかずの食品が捨てられている、食品ロスの問題があります。

 札幌市ごみ減量推進担当 浅山信乃課長:「(札幌市で)手つかずの食品や食べ残しの食品が、(推計)年間2万3000トン捨てられている。4人家族で年間50キロ。3万円分にもなる!」

 食品ロスを減らそうと誕生したのが、サルベージパーティー。この日はまず、集まった食材を使って、プロの料理人が3品作りました。

 ムール貝のパスタやもちとヤーコン、干し芋のみたらし風デザートなど、ユニークな料理が完成です。

 パーティー参加者:「すごいですね。こんなふうに考えられなかった」

 続いては、参加者が料理開始です。

 食材を目の前にして最初は戸惑っていた参加者たちも、どんどんテンションが上がってきたようです。

 パーティー参加者:「不思議な味」

 料理完成。ゴボウのスープや、鯖のへしこのパスタなどができあがりました。

 パーティー参加者:「いただきま~す」

 パーティー参加者 山田さん:「きょうも楽しかった。へしこのお茶漬けをパスタに活用した。"いぶりがっこ"というクセのあるものと合わせて、すごくおいしくなった」

 食材の新たな活用法を見つけ出した参加者たちは、大満足の様子でした。

 サルベージ・プロデューサー 和田順子さん:「食品を廃棄するのは、もったいないと思っている。フードロスの削減というとハードルが高いと思われるが、楽しくておいしくて、社会貢献できることが、サルベージパーティーの目的」

 台所に眠っている食品を楽しく活用する、まさに一石二鳥のサルベージパーティー。今後も注目度はあがっていきそうです。

直近のニュース