◆個人情報の取扱いについて◆

■個人情報保護基本方針
■報道・著述分野における個人情報保護のための基本方針
■個人情報保護法に基づく通知・公表

個人情報に関するお問い合わせ先
編成制作局視聴者センター
電話番号 011-214-5411

-----------------

■個人情報保護基本方針

北海道文化放送株式会社において、個人情報を保護することは社会的責任です。当社では法令等の順守徹底をはかるとともに、下記のとおり基本方針を定め、個人情報の取り扱いに際し一人一人が自覚と責任を持って業務を遂行します。
また、個人情報保護法で義務規定の適用除外となっている報道・著述分野の個人情報についても別途取り扱いを定め、放送の社会的使命と法の基本精神に照らし適切な保護に努めます。





(1)個人情報の取得について

・利用目的を明確にして、適正な方法で個人情報を取得します。

(2)個人情報の利用について

・個人情報は、利用目的の範囲内で取り扱います。

(3)個人情報の第三者提供について

・原則として、本人の同意を得ることなく第三者に提供しません。

(4)個人情報の管理について

・保有する個人データは、正確かつ最新の内容に保つよう務めます。

・情報セキュリティ体制を構築し、安全管理と継続的な改善を実施します。

(5)個人情報の開示等の求めおよび苦情受付・相談について

・個人情報の本人から申出がある場合には、速やかにかつ誠実に対応します。

(6)個人情報保護の組織・体制について

・個人情報管理責任者(CPO)を任命し、個人情報の適切な管理を実施します。

・当社の業務にかかわる者に必要な教育・研修を実施して、個人情報の適正な取り扱いを周知徹底します。

(7)個人情報の漏洩等に関する事実の公表について

・個人情報の漏洩等が判明した場合は、迅速かつ適切な情報開示と問題解決のために必要な措置を講じます。

平成17年4月1日

北海道文化放送株式会社

-----------------

■報道・著述分野における個人情報保護のための基本方針

北海道文化放送株式会社は、個人情報がプライバシーまたは個人の自由に関わる情報であり、その取り扱いの態様によっては、個人の人格的、財産的な権利利益を損なうおそれがある極めて重要な情報であると認識しています。
それゆえ、すべての個人情報は、個人の人格尊重の理念の下に慎重に取り扱わなくてはならないと考えます。
個人情報保護法は、報道・著述分野が憲法で保障された表現の自由と密接に関わることから、その保障を徹底させるため、第4章に規定された個人情報取扱業者に対する義務を適用せず、自主的に個人情報の適正な取り扱いを確保するための必要な措置を講ずるよう求めています。
北海道文化放送株式会社は、報道・著述分野における個人情報の取り扱いについても、報道の自由・表現の自由を守りながら、法律の基本精神を尊重して、個人情報の有用性と個人の権利利益とを考慮し、適正な運用に努めます。

(1)個人情報の取得・利用にあたっては、できる限り報道・著述目的であることを明らかにし、報道・著述目的以外には利用しないことを原則とします。

(2)個人情報は、適正な手段によって取得することに努めます。

(3)個人情報が紛失・破壊・改ざん・悪用・漏洩等することのないよう安全管理を徹底します。

(4)個人情報は、利用目的の達成に必要な範囲内において、正確かつ最新の内容を保つように努めます。

(5)個人情報に関する苦情等に対しては、社内に設置された窓口を通じて誠実に対応します。

以上

-----------------

■個人情報保護法に基づく通知・公表

「個人情報保護法」に基づき、以下の事項を「公表」致します。(なお「本人が容易に知り得る状態に置いている」こと、及び「本人の知り得る状態(本人の求めに応じて遅滞なく回答する場合を含む。)」に置くことを義務付けられている事項を含みます。)

1.個人情報の利用目的の公表に関する事項

(1)個人情報を取得する場合の利用目的 お客様から直接書面に記載された個人情報を取得する場合は、その都度、利用目的を明示させていただきます。それ以外で個人情報を直接取得する場合、または間接的に取得する場合は、次の利用目的の範囲内で取り扱わせていただきます。

<番組関連について>
下記に関連する各種業務の円滑な遂行のため
・各種プレゼントの応募者管理、抽選、賞品発送(当選者については氏名等の個人情報を番組等で発表する場合があります)
・番組出演および参加に関して応募者の管理
・番組関係の取引先、関係各社、系列各社との制作業務、連絡等
・番組に関する調査
・テレビショッピングの商品発送
・番組へのご意見ご要望の受付管理
・番組審議会の運営

<イベント関連について>
下記に関連する各種業務の円滑な遂行のため
・映画試写会プレゼントの応募者管理、抽選、賞品発送(当選者については氏名等の個人情報を番組等で発表する場合があります)
・当社主催イベントの運営業務ならびにイベント参加者への連絡等の顧客サービス(名義後援の場合は当社と共催先との間で、個人情報の管理責任について書面を取り交します)
・イベントに関するアンケート調査
・イベント関係の取引先、関係各社、系列各社との連絡、事業運営

<ホームページ関連について>
下記に関連する各種業務の円滑な遂行のため
・メールマガジンの配信

<放送設備および受信関連について>
下記に関連する各種業務の円滑な遂行のため
・受信状態の相談
・受信証発行
・放送設備の保全

<営業関連について>
下記に関連する各種業務の円滑な遂行のため
・広告主および代理店との連絡および営業活動

<経営管理関連について>
下記に関連する各種業務の円滑な遂行のため
・自社株式の管理、株主総会の運営および株主への対応
・経理、会計の事務処理

<その他>
・前各項に関連する一切の業務の円滑な遂行のため

2.「保有個人データ」の利用目的

「1.個人情報の利用目的の公表に関する事項(1)個人情報を取得する場合の利用目的」と同じです。ただし、6ヶ月以内に廃棄・消去するものを除きます

3.「第三者提供」について

当社は、お客様より取得させていただいた個人情報を適切に管理し、あらかじめお客様の同意を得ることなく第三者に提供することはありません。ただし次の場合を除きます。
・法令に基づく場合
・人の生命、身体又は財産の保護のために必要がある場合であって、本人の同意を得ることが困難であるとき。
・公衆衛生の向上又は児童の健全な育成の推進のために特に必要がある場合であって、本人の同意を得ることが困難であるとき。
・国の機関若しくは地方公共団体又はその委託を受けた者が、法令の定める事務を遂行することに対して協力する必要がある場合であって、本人の同意を得ることにより当該事務の遂行に支障を及ぼすおそれがあるとき。

4.「開示請求」について

当社では、保有個人データの本人またはその代理人からの開示・変更等・利用停止の求めに対して以下のとおり対応致します。なお、開示請求にあたっては、事故防止のために郵送のみとさせていただきます。

(1)「開示請求」の送付先
開示請求は、下記宛、所定の請求書に必要書類を添付の上、郵送によりお願い申し上げます。なお、封筒に朱書きで「開示等請求書類在中」とお書き添えいただければ幸いです。

送付先 〒060-8527
札幌市中央区北1条西14丁目1番地5
北海道文化放送株式会社 編成制作局視聴者センター(個人情報担当)

(開示請求手続きについてのお問合せ)
郵送 上記の送付先と同じ
電話番号 011-214-5441
(電話による受け付けは、土日祝祭日・年末年始を除く平日の午前9時30分~午後5時30分とさせていただきます。)

(2)「開示請求」に際して提出すべき書面(様式)等
開示請求を行う場合は、当社所定の請求書(A)を前号の送付先へ請求して入手してください。所定の事項をすべてご記入の上、本人確認のための書類(B)を同封して、前号の送付先へ郵送してください。

A.当社所定の請求書
個人情報保護法に基づく開示等の請求書

B.本人確認のための書類
請求者が、個人情報の本人であることおよび当社からの郵送のための現住所を確認できる公的証明書の写しを2種類同封してください。その際、有効期限のあるものは、あらかじめ有効期限内であることのご確認をお願い致します。
○運転免許証 ○健康保険の被保険者証 ○住民基本台帳カード
○外国人登録証明書 ○年金手帳 ○印鑑証明と実印 ○その他公的証明書

(3)代理人による「開示請求」
代理人の方についても代理人自身の上記確認書類に加え、代理を示す委任状を同封してください。なお、代理人が弁護士の場合は、弁護士の登録番号を請求書面の代理人欄に記入してください。

(4)「開示請求」の手数料及びその徴収方法
個人情報保護法第30条に基づき、開示、利用目的の通知の請求にあたり、手数料を定めております。内容の訂正・追加・削除および利用停止の場合は、手数料は必要ありません。
1件につき500円(振込手数料等は自己負担でお願い致します)です。この手数料には当社からご本人への郵送の際の簡易書留料金が含まれています。なお、その他実費を要した場合は、別途請求させていただきます。
手数料の徴収方法は、当社指定の銀行口座への振込、または定額小為替の郵送と致します。

指定銀行
口 座 北海道銀行 本店営業部(普)0602540
名義人 北海道文化放送株式会社
定額小為替の送付先 〒060-8527
札幌市中央区北1条西14丁目1番地5
北海道文化放送株式会社 編成制作局視聴者センター(個人情報担当)

(5)「開示請求」に対する回答方法
申請者の本人確認書類に記載のある現住所(代理人の場合は代理人の本人確認書類に記載のある現住所宛)へ書面により回答を申し上げます。

(6)「開示請求」に関して取得した個人情報の「利用目的」
開示請求に伴い取得した個人情報は、開示請求に必要な範囲のみで取り扱うものとします。提出いただいた書類は、開示請求に対する回答が終了した後、10年間保存し、その後廃棄させていただきます。
※次に該当する場合は請求をお断りすることがありますので、あらかじめご了承ください。
・当社が報道および著述を目的として請求者の個人情報を利用したとき
・請求にかかる個人情報の本人および第三者の生命、身体、財産その他の権利を害するおそれがある場合
・当社の業務の適正な実施に著しい支障を及ぼすおそれがある場合
・他の法令に違反することとなる場合
・本人の確認ができない場合
・当社の定めた請求手続きに従っていただけない場合
・手数料のお支払いを確認できない場合

5.「苦情」の受付窓口に関する事項

(1)個人情報の取扱いに関する苦情の申出先
当社の個人情報の取扱いに関する苦情については、編成制作局視聴者センターまでお申出ください。

<申出先>
〒060-8527
札幌市中央区北1条西14丁目1番地5 編成制作局視聴者センター
電話番号 011-214-5441

※電話による受け付けは、土日祝祭日・年末年始を除く平日の午前9時30分~午後5時30分とさせていただきます。
なお、電子メール、直接来社いただいてのお申出はお受け致しかねます。この旨、ご了承を賜りますよう、なにとぞお願い申し上げます。

(2)当社の属する「認定個人情報保護団体」の名称及び苦情の申出先
現在、当社の所属する認定個人情報保護団体はありません。

以上

一覧へ戻る