uhb|みちゅバチ8ch

表示:スマートフォン版|PC版

2018年8月27日
秋雨シーズン




北海道の天候は、「梅雨」はなくても、「秋雨」はあり。

 




一年で、最も雨が多いのは、8月下旬で、
夏の終わりは、前線が停滞することが多いのです。
 



前線の呼び名は「秋雨前線」
夏と秋と、季節がぶつかると、現れるのです。

ちなみに、きょうは、本州では、35度以上の猛暑日が90地点もありましたが、
オホーツク海側は、20度を下回っていました。

今週は、前線の影響で、くもりや雨のすっきりしない天気が続きそう。
にわか雨が降ってもおかしくないので、
折り畳み傘は、カバンに入れっぱなしがおすすめです。


< まだ間に合う自由研究! | 気象キャスターのチャレンジ >

最近の記事

最近の記事

気象予報士:菅井貴子(すがい たかこ)。
気象予報士:菅井貴子(すがい たかこ)。
大好きな北海道に移住して10年目☆豊かな四季や天気の特徴、北海道の魅力をお伝えしていきます♪
過去のブログはこちら!