北海道ニュース UHB

冬の備え進んでますか? ついに札幌で初雪 すでに売り切れ寸前の人気長靴も! 北海道

2019年11月7日19:30
 7日、札幌で初雪を観測しました。平年に比べ10日遅くなっています。今年も憂鬱な季節がやって来ました。雪のシーズン到来です。

 今週は強い寒気が流れ込み、6日は旭川でも初雪が観測されましたが、各地で例年に比べ、雪の便りは遅れているんです。

 手稲山では約150年前の観測開始以来、最も遅い記録を更新しました。なぜ、こんなに遅くなっているんでしょうか?

 佐藤俊和 気象予報士:「ポイントはインド洋にあるかもしれません。」

 北海道の雪が遠く離れた南のインド洋と関係している? 一体どういうことなんでしょうか?

 佐藤俊和 気象予報士:「10月はインド洋の西側で海水温の高い状態となり、積乱雲が発達しました。このため上空の偏西風が大きく蛇行し、日本付近では平年よりも北を流れました。その結果寒気が入りにくくなり、初雪が遅くなった可能性があるんです」

 とはいえ、季節は冬まっしぐら。札幌市内のスーパーでは6日から急に売れ始めた物がありました。

 サンウェル月寒店 冨澤泰樹さん:「もう結構売れて、1個か2個しかない」

 鍋物のスープの素やシメの麺類です。こちらでは今週から客の目に付きやすい場所に陳列しています。5日までは1日に1つか2つ売れるかどうかでしたが6日は…。

 サンウェル月寒店 冨澤泰樹さん:「気温が下がっるので、刻々と減っている感じ。(寒さに)敏感に反応する商品ですね」

 温かい鍋が恋しくなるこの季節、野菜や魚などの値段が気になりますが…。

 サンウェル月寒店 冨澤泰樹さん:「これくらいの大きさのダイコンでも、お安く提供できていると思う」

 現在店頭に並んでいるのは北海道産の野菜が中心です。こちらでは一般的なスーパーより2~3割ほど価格を抑えていると言いますが、ダイコンは大きなもので1本88円。長ネギは1本88円から128円。大きなハクサイも6日は1玉128円でした。

 サンウェル月寒店 冨澤泰樹さん:「気温が低い年と比べると若干、2~3割程安いと今現在は感じている」

 しかし、このあと道産から道外産のものに変わっていきます。台風などによる水害の影響もあり、これからは値段が高くなる可能性も。

 もう一つの鍋の主役、魚の値段はどうなんでしょう?秋の味覚のサケ漁が終盤にかけて不調になりシーズンが終了。狙い目は?

 サンウェル月寒店 冨澤泰樹さん:「タラなどの漁獲が増えてくれると、お安く提供できると思います」

 そして、北海道の冬に欠かせないのが除雪用品や防寒用品。今シーズンの動きは?

 ジョイフルエーケー大曲店 明田怜輔さん:「本格的な雪が降りだすと商品が売れ始める。どんどん客が来るので、早めの準備をしてほしい」

 本格的な冬の商戦はこれからといいますが、早くも売り切れ寸前という人気の品がありました!それは何かというとこちらの長靴です。

 ジョイフルエーケー大曲店 明田怜輔さん:「軽い素材を使い、一般的な長靴よりも100g軽くなっています。前年の190%の売り上げ」

 こちらは一般的な長靴。大きさ26センチの男性用で重さはおよそ750グラムです。一方、人気のこの長靴は、600グラムをわずかに超える程度。長時間はいても疲れないといいます。それだけではありません。

 ジョイフルエーケー大曲店 明田怜輔さん:「厚地のインナーが入っているので、とても暖かい商品です」

 軽くて、しかも暖かというのが人気なようで、Mサイズはすでに品薄だそう。雪が降ると一気に客が殺到する冬の必需品。早めの準備が良さそうです。

直近のニュース