北海道ニュース UHB

組織委の事務総長「地元に負担求めない」五輪マラソン札幌開催 日程やコースなど議論

2019年11月8日12:01
 東京オリンピックのマラソン・競歩の札幌開催について組織委員会は道と市に新たな経費負担を求めない考えを明らかにしました。

 午前9時、組織委員会の武藤事務総長は秋元札幌市長を訪ね、東京オリンピックのマラソンと競歩の開催に向けてコース選定を急ぐ考えを示しました。

 組織委員会 武藤敏郎事務総長:「競技会場を決めることが早急な課題」

 会談の中で武藤事務総長は費用について「地元に負担は求めない」と発言したということです。

 午後には北海道マラソンのコースなどを視察する予定です。

 その後、組織委員会と道、市の実務者による合同機関の初会合が札幌市内で開かれました。

 情報交換を行い、日程やコースについて今後議論が本格化するとみられます。

直近のニュース