北海道ニュース UHB

札幌駅が変わる! 南口の新ビルイメージ公開 新幹線・地下鉄・バスに直結「交通待合交流空間」

2019年11月11日16:49
 札幌の顔ともいえる駅南口が大きく変わりそうです。

 札幌市とJR北海道は11日、2029年秋の完成を目指すビルのイメージを公開しました。

 新幹線とバス、地下鉄が一体となる新しい拠点が誕生することになります。

 空港のロビーのような開放的な空間。

 札幌駅前に新たに建設されるビルに作られる、「交流空間」です。

 秋元克広 札幌市長:「スムーズに乗り継ぎできる、行けることはもちろん、空間としてにぎわいを持たせつつ、利便性の高い空間にしたい」

 北海道新幹線の札幌開業を見据え、札幌駅前の北5条西1丁目と北5条西2丁目で計画されている再開発。

 西1丁目にはJRタワーを上回る高さの高層ビルが作られ、新幹線の札幌駅と結ばれます。

 現在エスタがある西2丁目にはバスターミナルなどが入る新しいビルが建設されます。

 地下鉄ともつながります。

 この2つのビルの間に作られるのが、11日イメージが公開された「交通待合交流空間」。

 札幌市とJRは新幹線、地下鉄、バスの利用者が集う、新たな賑わいの拠点にしたいとしています。

直近のニュース