北海道ニュース UHB

カニ料理店が寺で"かに供養" 年末年始の需要期を前に 「自然の恵みに感謝」 札幌市

2019年11月12日12:01
 年末年始の本格的なカニの需要期を前に、札幌市ではカニ料理専門店による「かに供養」が行われました。

 札幌市中央区にある寺で午前9時から始まった「かに供養」。

 これは、毛ガニやタラバガニなど年間約50万匹のカニを使用する大手カニ料理店が、カニに対する感謝の意を込めて毎年行っているもので、2019年で34回目を迎えます。

 供養では、僧侶の読経の後、社員など約60人が焼香を行い、自然の恵みに感謝しました。

 札幌かに本家 日置達郎代表取締役:「自然の恵みに感謝しておろそかに使うのではなく、いかにおいしくしてお客様に喜ばれるか、それでカニの命が達成できると思う」

直近のニュース