北海道ニュース UHB

コースはどうなる? 五輪マラソン・競歩の札幌開催 実務者会議が夕方開催へ

2019年12月4日12:06
 東京オリンピックのマラソンと競歩の札幌開催に向けた3回目の実務者会議が4日夕方札幌で開かれます。

 3回目の実務者会議は午後4時から開かれ、コースと日程などについて話し合われる見込みです。

 日程については大会最終日までの4日間に集中させることで大筋合意しています。

 一方、コースについては組織委員会が市内中心部を2周する案を示すのに対し、コースを承認する立場の世界陸連がここにきてより狭いエリアを6、7周する案を要望しています。

 こうした動きに市の関係者は「どこを6周すればいいのか」と漏らすなど、協議の折り合いはついておらず、調整が難航しています。

 午後5時からスイスで開かれるIOC理事会で大通公園を発着点とする案のみが承認される見通しですが、組織委員会はコースと日程についても報告したい考えでギリギリの調整が続いています。

直近のニュース