北海道ニュース UHB

しばれました! 旭川市江丹別 今季全国で"最も低い" -25℃を観測 厳しい冷え込みに

2020年1月10日12:00
 10日朝の北海道は厳しい冷え込みとなり、旭川市江丹別では今シーズン全国で初めて氷点下25℃を観測しました。

 10日朝は放射冷却の影響で内陸を中心に冷え込みが強まり、旭川市江丹別では全国で今シーズン最も低い氷点下25℃を観測しました。

 また、幌加内町朱鞠内で氷点下24.7℃など、上川地方を中心に氷点下20℃を下回ったほか、帯広など道内の41地点で今シーズン一番の寒い朝となりました。

 住民:「雪かきをするよりしばれたほうが良いかなと思います。寒さは慣れているので」

 また、札幌市南区真駒内では屋外のスケートリンクが10日オープンしました。

 2019年12月から進めてきた氷づくり。オープン初日の10日は冬休み中の子どもや地元の常連客らが初すべりを楽しみました。

 真駒内の屋外スケートリンクは2月13日まで営業しています。

直近のニュース