北海道ニュース UHB

【北海道の天気 1/20(月)】きょうは太平洋側でまとまった雪 あすは日本海側へ雪エリアが変わりそう

2020年1月20日16:40
(吉井庸二気象予報士が解説) 午後4時00分現在

◆太平洋側でまとまった雪
 低気圧の影響できょうは太平洋側を中心に雪が降り、阿寒湖畔と釧路空港ではこの24時間で20センチの雪が降りました。
 きょうは二十四節気の『大寒』、一年で最も寒いころとされていますが、一番気温が下がった美深町でも-17.2℃と-20℃まで下がらず、日中は南西部でプラスの気温となりました。
 最高気温は札幌で1.1℃、函館で4.9℃となっています。

◆予想降雪量
 きょうは太平洋側、特に道東で雪が多くなりましたが、あすの雪エリアは日本海側へと変わりそうです。
 あす朝までの雪の量は根室・網走方面と留萌~後志の日本海側で15センチの予想です。
 札幌も中央区で5~10センチ、手稲区や西区など多い所で10~15センチを予想しています。

◆あすの予報
 あす日中は日本海側で雪が降りそうです。
 風も強く沿岸部ではふぶく所もあるでしょう。
 気温は日中も氷点下の真冬日のところが多くなる見込みです。
 北風が冷たいので風の通しにくい服装を選ぶようにしましょう。

◆週間予報
 今週は気温のアップダウンが大きい1週間となりそうです。
 札幌はあさって以降は日中の気温がプラスとなりますが、土曜日は最高気温でも-3℃と真冬日に逆戻りとなる見込みです。
 南西部ではあさっては雨が降る予想です。お出かけの際は雨具をお持ちください。

直近のニュース