北海道ニュース UHB

噴き出す大量の水! -17.9℃…寒さが原因? 地下の水道管が破裂 周辺の住宅が断水

2020年2月12日12:21
 12日朝早く、北海道北見市で地下の水道管が破裂し大量の水が道路に噴き出しました。

 工事のため周辺の住宅が断水しています。

 北見市上下水道局によりますと、午前5時ごろ、大正地区で道路の地下にある水道管が破裂し、水が噴き出しました。

 工事のため、周辺の住宅28戸が断水し、市は給水袋を配るなどしています。

 断水は夕方までに解消する見通しです。

 北見市の12日朝の最低気温は氷点下17.9℃で、市は寒さが原因とみています。

 一方、12日の道内は本州から張り出した高気圧の影響で、全道的に気温が上がり、予想最高気温は札幌で9℃など、4月上旬並みとなる予想です。

 屋根からの落雪などに注意が必要です。

直近のニュース