北海道ニュース UHB

「腹が立つ…」カメラがとらえた!販売車を押しのけて持ち去る大胆手口 下見する様子も

2020年2月12日20:00
 犯行の一部始終が防犯カメラにとらえられていました。

 2020年1月、北海道江別市の中古車販売店で乗用車が盗まれる事件がありました。
周りの車にぶつけながら盗み出す大胆不敵な犯行。
さらに車は意外な形で見つかりました。

 午前4時前の江別市内の中古車販売店。

 画面の左側、1人の人物が雪に足を取られながら敷地へ入り、展示されている車に乗り込みます。
そして…あろうことか前方にとまっている車に突進。

 さらに勢いをつけて突っ込むこと3回。周辺の車を押しのけついに自由に動ける状態に。

 道路を走ってきたダンプカーにぶつかりそうになりながらもそのまま走り去りました。

 事件があったのは、江別市元野幌の中古車販売店です。

 1月28日午前4時前、販売していた乗用車1台がまるごと盗まれました。周りが車で囲まれていたこともありカギは車内に置かれたままでした。

 被害額は、周りの車の損傷を含めると100万円に上ると言います。

 自動車販売店社長:「絶対車が出られないようにふさいでいるのに、そこから無理やり出しているので大胆すぎますよね」「(犯行は)数分だと思うが、その前に下見にも来ていたので、目星をつけて持って行ったような感じですよね」

 車に乗り込んでから逃走まではわずか1分ほどでしたが、防犯カメラには下見のような行動もとらえられていました。

 犯行の40分ほど前。2人の人物が他の車のドアが開くか確認する様子や、15分前には盗もうとする車のブレーキランプが光ったりする様子も。エンジンをかけたのでしょうか…

 さらに盗み出す5分ほど前には、タバコをふかしながら現れポイ捨て。余裕すら感じられます。

 自動車販売店社長:「腹が立ってしょうがない。極力中に入れられる車は中に入れるようにしたが…パトロールを強化してもらって僕らも夜中に来たりしている」

 実はこの店では、この3か月ほど前にも約30万円が入った貯金箱が盗まれました。これは同一犯の犯行なのか。

 その後、盗まれた車は意外な形で見つかりました。

 木村洋太記者:「江別市内で盗み出された車は札幌・東区のスーパーの屋上で大きく傷ついた状態で見つかりました」

 車は、翌日店から約10キロ離れたスーパーで警察官が見つけました。車体は何かにぶつけたような大きな傷がつきボロボロ。ヘッドライトなどは取り外されていました。ナンバープレートも変えられていたということです。

 自動車販売店社長:「ヘッドライト、リアバンパーやアルミホイールなどが変わっている。もう処分ですよね。修復は厳しいです。全損です」

 いったい目的は何だったのか…

 警察は窃盗事件として、防犯カメラの映像などから逃げた人物たちの行方を追っています。

直近のニュース