北海道ニュース UHB

北海道 新型コロナ感染者情報を原則公開方針へ…道民から批判の声受け”感染拡大防止”のため

2020年2月17日12:08
 北海道内在住の50代の男性が新型コロナウイルスに感染し、詳細な情報を公表しない道の姿勢に批判の声があがる中、道は感染の拡大を防ぐため、居住地などの情報を開示する方針を固めました。

 先週、北海道内在住者の感染が初めて確認されましたが、道は患者は「50代の男性」と発表したものの、居住地や行動歴について「厚生労働省と協議した結果」などとし公表しませんでした。

 さらに厚生労働省が明らかにした「日本国籍」の情報も公表せず、道民から批判の意見が寄せられていました。

 鈴木知事は午後2時から会見を開き、今後新型コロナウイルスの新たな感染者が出た場合、感染拡大防止の観点から居住地などの情報を原則として公開する方針を明らかにします。

 また男性の濃厚接触者などの調査を進め、健康状態なども公表する方針です。

直近のニュース