北海道ニュース UHB

外国人の"バックカントリー遭難"止まず…アメリカ人とみられる男性 大雪山系旭岳でスノボ中に行方不明

2020年2月18日23:35
 2020年2月18日、北海道の大雪山系旭岳に入山したアメリカ国籍で30代とみられる男性が行方不明になり、警察は遭難したとみて捜索しています。

 警察によりますと、男性は2月18日午前11時30分ごろから、コース外を滑る「バックカントリー」でスノーボードをするため、アメリカ人とみられるグループ14人と大雪山系旭岳に入山しました。

 グループのメンバーはそれぞれコース外の林道などを滑り、ほかの14人は午後4時のロープウエーの最終便で下山し、ホテルに戻りましたが、男性の姿がなく、午後6時ごろ、ホテルの従業員が警察に通報しました。

 男性は携帯電話を持っていますが、呼び出しに応答がないということです。

 警察は午後10時ごろまで捜索を続けましたが、手掛かりは見つからず、19日午前8時ごろから捜索を再開するということです。

直近のニュース