北海道ニュース UHB

"北海道庁初"30代男性職員が感染…9人集団感染の病院看護師との家族 北海道「2人死亡3人陽性」判明

2020年5月25日21:33
 北海道は5月25日、新たに新型コロナウイルスに北海道庁の職員1人が感染したことを発表しました。北海道庁職員の感染は初めてです。

 感染が確認されたのは、北海道庁建設部に勤務する30代の男性職員です。

 この男性職員は、すでに感染が判明し9人の集団感染が発生している札幌市東区の勤医協中央病院の看護師との同居家族でした。
 
 北海道は、この同居家族からの感染の疑いが強いと見ていますが、まだ特定はされていません。
 
 男性職員は5月20日に帰宅後軽いけん怠感を感じ、在宅勤務をした翌日夜に発熱して出勤せず、PCR検査をした結果、25日に陽性と判明しました。
 
 道民と接触する機会の少ない設計や工事管理業務を担当していて、北海道はこの職員が勤務する部屋やトイレ、エレベーターなどを消毒し、職場で濃厚接触したと想定される職員14人を自宅待機にしているということです。
 
 北海道庁職員の感染は初めてです。
 
 25日北海道内では2人が死亡し、感染者は3人。北海道内での感染は1057例となりました。

直近のニュース