北海道ニュース UHB

「今月の給料」実は盗んだものばかり…就寝中の家に侵入し現金約460万円盗む 42歳男"3度目"の逮捕

2020年5月26日21:06
 北海道函館市の2か所の住宅に侵入し、合わせて現金460万円以上を盗んだとして、42歳の男が逮捕されました。この男は2月と4月にも別の住宅に侵入し、金を盗んだとして逮捕されていて3度目の逮捕です。

 住居侵入と窃盗の疑いで逮捕されたのは、函館市に住む無職の42歳の男です。
 
 男は2019年6月14日午後11時30分ごろから翌日午前7時30分ごろまでの間に、70歳の男性が住む函館市北美原の2階建て住宅の1階の窓から侵入し、居間にあった金庫や財布などから現金約457万円と金が入った封筒などを盗んだ疑いが持たれています。

 また、同年10月3日午前0時30分ごろから午前6時ごろまでの間に、函館市本通の2階建て住宅の勝手口から侵入し、貯金箱や財布などから現金約6万円を盗んだ疑いが持たれています。

 警察によりますと、2件の住宅の窓と勝手口は当時いずれも鍵があいていて、男は被害者が寝ている最中に犯行に及んでいたということです。

 調べに対し男は、1件目の事件は「記憶にない。俺がやったのかな」と容疑を否認し、2件目の事件は「記憶はあるけど、盗んだ額は覚えていない」と容疑を一部否認しているということです。

 男は2020年2月と4月にも函館市内の別の住宅に侵入し、合わせて現金約470万円などを盗んだ疑いで2度逮捕されていて、その際「泥棒で生計を立てていた」と供述していました。

 また妻には、「コンピューター関係の仕事をしている」とうそをつき、夜な夜な家を出ては泥棒を繰り返し、盗んだ金を「今月の給料」として妻に知らせていたということです。

 警察は男に他にも余罪があるとみて調べを進めています。

直近のニュース