北海道ニュース UHB

北海道議会の「新庁舎」お披露目…バリアフリー&展望ロビーも 自民会派の"喫煙所"は結論先延ばし

2020年5月27日11:50
 "旧庁舎"からの引っ越しが終わり、6月から利用が始まる「北海道議会の新庁舎」が、5月27日に公開されました。

 松本 麻郁 記者:「新議会庁舎の議場です。全都道府県議会で唯一の"馬のひづめ"の形をした議場はそのまま受け継がれています」

 総事業費約120億円の道議会新庁舎は、延べ床面積約1万9000平方メートルの、地上6階・地下1階建てです。 

 議場は演台が上下に可動し、車椅子のままでも登壇できるなど、バリアフリーにも対応しています。

 6階には、ガラス張りの展望ロビーが設置されています。 

 新庁舎を巡っては、喫煙所の設置について議論が続いていましたが、結論は先延ばしになっています。

 新庁舎は6月16日に開会予定の道議会で、本格的に使用されます。

直近のニュース