北海道ニュース UHB

クラスターも発生した"コールセンター業界"「三密を徹底して排除して」事業者に団体交渉申し入れ

2020年5月28日12:00
 新型コロナウイルスの感染リスクを高める「三密」状態の改善を求め、個人加盟できる若者向けの労働組合が、北海道札幌市のコールセンター事業者に「団体交渉」を申し入れました。

 個人加盟できる若者向けの労働組合「さっぽろ青年ユニオン」は5月28日、札幌市内の大手コールセンター事業者に"感染症対策の徹底"などを求め、団体交渉を申し入れました。

 コールセンター従業員:「『三密』空間を徹底して排除してほしい。きちんと距離を持ったうえで仕事ができるようにお願いした」

 札幌市では、4月に別のコールセンターで、電話オペレーター19人が新型コロナウイルスに感染する"クラスター"が起きていて、「青年ユニオン」によると、コールセンターで働く人からの相談は15件にのぼっているということです。

直近のニュース