北海道ニュース UHB

来年の「さっぽろ雪まつり」大雪像断念…コロナ影響で"協力得るのは困難" 中小の雪像中心に規模縮小

2020年6月16日14:44
 北海道札幌市で毎年2月に開かれる「さっぽろ雪まつり」を運営するさっぽろ雪まつり実行委員会は6月16日、新型コロナウイルスの感染が続いていることから、2021年に行うさっぽろ雪まつりの規模を縮小し開く方針を固めました。
 
 新型コロナウイルスの感染の終息にいたっていない中で、海外を含めた関係機関との準備を進めるのが難しいこと、スポンサーを中心とした民間企業の協力を得るのが困難であることなどを考慮し、大雪像中心の雪まつり開催は困難としています。
 
 2021年で72回目を迎えるさっぽろ雪まつりは規模を縮小し、中小の雪像を中心としたイベント実施に向けて検討を進めていくということです。
 
 2020年1月~2月に行われた「第71回さっぽろ雪まつり」は、新型コロナウイルスの影響もあり前年比26.2パーセント減の202万1000人の来場者でした。

直近のニュース