北海道ニュース UHB

「もどかしい」領土引き渡し禁止盛り込んだ改正ロシア憲法が成立…"北方領土"元島民から不安の声あがる

2020年7月2日19:00
 ロシアで憲法改正の是非を問う全国投票が行われ、賛成多数で成立しました。

 新憲法には「領土の引き渡しの禁止」が盛り込まれていて、今後の北方領土交渉がより難しくなることは確実です。

 関根 弘貴 記者:「新型コロナウイルス対策で、投票期間が1週間と異例の対応となった全国投票。消毒を済ませた有権者が続々と票を入れています」

 7月1日までロシアで行われた憲法改正の是非を問う全国投票は、賛成77.9%で賛成多数で成立しました。

 これにより、プーチン大統領は最長で2036年まで続投が可能になります。

 新憲法には「領土引き渡しの禁止」も盛り込まれていて、北方領土交渉がより難しくなることは確実です。

 ロシア国民:「(北方領土は)ロシアのもの。手放してはいけない」

 ロシア国民:「(北方領土を)日本に引き渡すのはもったいない」

 元島民からは不安の声が。

 千島連盟根室支部 宮谷内 亮一 支部長:「外交交渉が厳しくなる。墓参についても危惧しています」

 千島連盟根室支部 角鹿 康司 副支部長:「元島民はもどかしい。これからさらに(交渉が)長くなるのではと」

 新型コロナウイルスの感染拡大が続くなか、プーチン大統領が強行した国民投票。

 政権の求心力を高め、影響力の低下を避けるのが狙いとみられます。

直近のニュース