北海道ニュース UHB

「船のプロペラに何か巻き付いた」家族への連絡後行方不明に…津軽海峡で漁船漂流 85歳男性船長 転落か

2020年8月11日07:00
 8月10日午後、津軽海峡で漁をしていた青森県の漁師の行方が分からなくなり、海上保安部で捜索しています。

 行方が分からなくなっているのは、青森県の小泊漁協所属の漁船「第八勝運丸」の船長で85歳の男性です。 

 男性は10日午前2時30分ごろ、メバル漁のため1人で津軽海峡に出漁しましたが、午前7時ごろ家族に「船のプロペラに何かが巻きついた」との電話を最後に連絡が途絶えました。

 海上保安部などで捜索し、津軽海峡で漂流する「第八勝運丸」を見つけましたが、船内に男性はいませんでした。

 海上保安部では、男性が海に転落したとみて周辺を捜索していますが、手がかりは見つかっていません。

直近のニュース