北海道ニュース UHB

「ぶっ叩くぞ」地下鉄駅構内で客に暴言…駅員に注意され事務室まで向かい腹殴る "酩酊状態"57歳男逮捕

2020年7月14日12:00
 地下鉄の駅構内で酒に酔って客に暴言を吐くなどしていた57歳の男が、注意しにきた34歳の駅員の男性の腹を殴ったとして逮捕されました。

 北海道札幌市中央区に住む57歳の無職の男は、7月11日午後6時ごろ、北海道札幌市営地下鉄 南北線の大通駅構内で、34歳の男性駅員の腹を殴ったとして、暴行の現行犯で逮捕されました。

 札幌市交通局などによりますと事件前、男は駅のコンコースでほかの客に暴言を吐くなどしていたため、駅員3人で注意する対応をしました。

 数分後男が駅の事務室を訪れ、「ぶっ叩くぞ」などと言って34歳の駅員の男性の腹を殴ったということです。

 男は通報を受け、駆け付けた警察官に取り押さえられました。

 駅員の男性は、肋軟骨を損傷する全治2週間のけがをしました。

 当時、男は酒に酔っていたということです。

 男は事件の2か月ほど前から、たびたび酒に酔って客に暴言を吐くなどの迷惑行為を繰り返していたということです。

直近のニュース