北海道ニュース UHB

「遊ぶ金欲しかった」17歳女子高生 入浴施設からバッグ盗み逮捕…"飲み代"やアクセサリー購入に使用か

2020年7月25日12:15
 入浴施設の脱衣場で友人と共謀し現金約9000円などが入ったバッグなど14点を盗んだとして、17歳の女子高生が窃盗の疑いで逮捕されました。

 窃盗の疑いで逮捕されたのは、住所不定の17歳の女子高校生です。

 女子高生は友人の少女と共謀し、2019年3月13日午前8時30分ごろ、札幌市中央区にある入浴施設の脱衣場から現金約9000円が入ったバッグなど14点、約2万8000円相当を盗んだ疑いがもたれています。

 バッグは余市町の20代の女性のもので、現金のほかキャッシュカードや免許証など14点が入っていたということです。

 女性が被害にあった時間に入浴施設を利用した人を調べていたところ、女子高生らの関与が浮上しました。

 警察は女子高生の行方を捜していましたが、女子高生は友人の家を転々とするなど約1年4か月に渡り逃走していたということです。

 友人の少女は2019年11月に窃盗の疑いで逮捕されています。

 調べに女子高生は「遊ぶ金が欲しかった」と容疑を認めていて、警察は盗んだ現金はアクセサリーの購入代金や飲み代として使ったとみて詳しく調べています。

直近のニュース