北海道ニュース UHB

自宅出て"丸2日"…約30キロ離れた山の中で「手を振る」67歳女性無事発見 位置情報元に上空から捜索

2020年8月5日15:45
 北海道函館市で8月3日から行方不明になっていた67歳の女性が、5日午後1時ごろ、自宅から30キロほど離れた山の中で無事発見されました。

 一時行方不明になっていたのは、函館市に住む67歳の女性です。

 女性は3日午後1時40分ごろに、車で買い物に出かけたまま自宅に戻らず、夫が午後7時ごろに電話したところ「山の中にいて、道がぬかるんで動けない」と話し、午後8時45分に夫が警察に通報。

 夫が4日に電話した際には「いる場所がわからない。波消しブロックが近くに見える」「大きな道路がある」などの会話を最後に、携帯電話の電池が切れたとみられ、警察が女性の携帯電話の位置情報を調べていました。 

 5日正午ごろ、警察は女性の位置情報などからヘリコプターによる上空からの捜索をし、約15分後、函館市臼尻町にある林道で手をふる女性を発見しました。

 女性のそばには乗っていたとみられる車も確認されました。

 ヘリコプターから地上に降りた隊員が午後0時45分ごろ救助。女性が自宅を出てから丸2日経過していましたが、無事が確認されました。

 女性にケガはありませんが、念のため病院に搬送したということです。

直近のニュース