北海道ニュース UHB

小学生に走ることの楽しさや大切さを ホクレ女子陸上競技部選手が講師 札幌市

2020年8月22日12:45
 札幌市では小学生に走ることの楽しさや大切さを伝えるため、陸上教室が開かれました。

 ホクレンの女子陸上競技部の選手が講師を務めた今回の陸上教室には小学6年約20人が参加しました。

 この陸上教室は子どもの心と体の健康のためホクレンが2011年から実施しているもので、2020年で10年目を迎えました。

 2020年の開催は新型コロナで子どもたちへのストレスもあることから、心の健康・ケアの意味合いもあります。

 教室では女子陸上競技部のメンバーが準備体操から調整運動走り方の基本動作を休憩をはさみながら行い、走ることの楽しさや大切さを伝えていました。

直近のニュース