北海道ニュース UHB

"1日2回"同じ住宅の庭にクマ現れる…2日前と同じ個体か 体長約1.5メートル「箱わな」設置し警戒へ

2020年9月21日12:00
 9月18日にヒグマが目撃された住宅の庭で、20日朝と夕方の2回再び目撃され警察などが警戒を強めています。

 住宅の庭に突如として現れた黒い巨体…。

 クマが目撃されたのは、函館空港の近く北海道函館市瀬戸川町にある住宅の庭です。9月20日午前5時15分ごろ、住人の70代の男性が樽をあさるクマを目撃し、警察に通報しました。

 警察とハンターなどが出動し、周囲を確認しましたがクマは見つからず、足跡やふんなどの痕跡も見つかりませんでした。

 しかし約11時間後の同日午後4時ごろ、再び同じ場所で物置の近くにクマがいるのを男性の妻が目撃し、警察に通報しました。

 警察によりますと、クマは体長1.5メートルほどと見られています。

 この住宅の庭では、2日前の18日午後0時45分ごろにも
住人の男性が漬物が入った樽をあさるクマを目撃していて、函館市は周辺に「クマ出没注意」の看板を設置し、9月23日までハンターにパトロールを要請していました。

 同一の個体とみられるクマが同じ場所で3日間で3回現れていることから、22日には箱わなを設置する予定で、一層警戒が強まっています。

直近のニュース