北海道ニュース UHB

繁華街にいたが…「酒は飲んでない」無灯火で夜中に走行する軽乗用車…逮捕27歳男 基準約4倍アルコール

2020年9月22日19:15
 酒を飲んで軽乗用車を運転したとして、27歳の男が逮捕されました。

 酒気帯び運転の現行犯で逮捕されたのは、北海道厚岸町に住む27歳の自称・農協職員の男です。

 警察によりますと男は9月22日午前2時40分ごろ、釧路市新釧路町付近の国道44号線で酒気を帯びた状態で軽乗用車を運転。巡回中のパトカーが無灯火で走っている車を見つけ事情を聞いたところ、男から酒の臭いがするのに警察官が気付きました。

 男の呼気からは基準の約4倍のアルコールが検出され、現行犯逮捕されました。
 
 現場は釧路市の繁華街に近く、男は繁華街にいたことは認めているということですが、調べに「酒は飲んでいない」と容疑を否認しているということです。

直近のニュース