北海道ニュース UHB

高さ約7メートルから外壁の"石のパネル6枚"落下…重さ5~7.6キロ 札幌JRタワー 通行人が発見

2020年9月22日18:28
 北海道札幌市のJRタワーで、約7メートルの高さから石の外壁パネル6枚が歩道に落下したことがわかりました。けがをした人はいませんでした。

 JRタワーを運営する札幌駅総合開発によりますと、札幌市中央区のJRタワー東側の歩道で、午前1時過ぎ、外壁に取り付けられた装飾用の石のパネルの一部が落下していると通行人から連絡がありました。

 パネルは、約12センチ×82センチ、厚さ2.5センチの4枚と、やや小さい2枚のあわせて6枚で、重さは5キロから7.6キロほど。ケガ人はいませんでした。

 JRタワーは2003年の完成から17年が経過していて、札幌駅総合開発は、当面付近へ立ち入らないよう安全対策を行い、今後原因を調査するということです。

直近のニュース