北海道ニュース UHB

【北海道の天気 9/24(木)】穏やかな天気はきょうまで…あすから暴風・大雨のおそれ

2020年9月24日12:00
(佐藤俊和気象予報士が解説) 正午現在

穏やかな天気はきょうまでです。
布団干しや買い物など、外の用事はきょうのうちに済ませておきましょう。

◆午後の天気
この時間、雲の多くなっている東部も含めて
午後は晴れるでしょう。
天気の崩れはありませんが、太平洋側では波が次第に高くなる見込みです。

◆予想最高気温
西部の地域は20℃以上でしょう。
札幌は23℃で、日なたでは半そででも過ごせそうです。
一方、東部は20℃に届かず、少しヒンヤリと感じられそうです。

◆台風12号の影響は?
台風12号はあすにも温帯低気圧に変わり、
根室沖に進む予想です。
ただ、台風ではなくなっても天気は荒れます。
そのことがあすの天気図から読み取れます。
台風から変わる低気圧の進行方向には、勢力の強い高気圧があり、その間で等圧線が非常に混雑しています。
そのため、風が非常に強く、雨も強まりそうです。

◆雨と風の予想
あす夜になると太平洋側で雨が本降りになります。
そして土曜日の朝は、根室や釧路で横殴りの激しい雨となりそうです。
お昼になると、広い範囲で風が強まり、
特に東に開けた所で暴風が吹くおそれがあります。
夜にかけて荒れた天気が続きますのでご注意ください。

◆週間予報
・日本海側とオホーツク海側
あすは、朝のうちは晴れていても天気は下り坂で、夜は雨が降るでしょう。
土曜日はオホーツク海側で荒れた天気となりそうです。
また気温が上がらず、各地とも15℃以下と寒くなる予想です。
高い山では雪が降り、ふぶきになるかもしれません。

・太平洋側
こちらは天気の崩れが早く、あすの午後には雨が降りそうです。
風も強まり、瞬間的に35メートルの暴風が吹くおそれもあります。
また、多い所で100ミリ以上の大雨となる可能性もあるので、排水溝の点検などはきょう中に済ませましょう。

直近のニュース