北海道ニュース UHB

地中から出てきたのは砲弾ではなく"古いスプレー缶"約150センチの物体に一時騒然 別の町でも砲弾騒ぎ

2020年9月24日19:00
 北海道十勝地方の新得町の河川敷で砲弾のようなものが見つかり、近くの住民が一時避難しましたが、古いスプレー缶とわかりました。

 河川敷の土の中から見つかったのは、長さ約150センチのさびた金属製の物体。

 9月24日午前10時45分ごろ、新得町の河川敷で工事をしていた作業員がショベルカーで土を掘ったところ、地中から砲弾のような金属製の物体が見つかりました。

 このため現場付近に住む5世帯が避難するなど一時騒然となりましたが、自衛隊が調べたところこの物体は「古いスプレー缶」だったことがわかりました。

 すでにガスは抜けていて、爆発の危険性はないということです。

 オホーツクの斜里町でも砲弾のようなものが見つかりました。30世帯が避難していて、これから自衛隊が調べるということです。

直近のニュース