北海道ニュース UHB

北海道の天気 9/25(金) 今夜からあすは太平洋側中心に大荒れ 明るいうちに対策を!

2020年9月25日12:00
(佐藤俊和気象予報士が解説) 正午現在

台風から変わった低気圧の影響で、道内はこれから雨や風が強まるほか、海は大しけとなる見込みです。

◆警戒が必要な時間帯
太平洋側では今夜から海は大しけとなります。
道東は今夜からあすいっぱい、東風が非常に強まり、日高東部も暴風が吹くおそれがあります。
瞬間的には35メートルと、細い木の幹が折れるほどの風が予想されています。
また、宗谷地方でもあすの昼ごろから日曜日にかけて暴風のおそれがあります。
飛ばされやすいものはしまうようにしてください。
さらに雨も要注意です。
道東は今夜、網走地方もあす早朝から激しい雨となる予想です。
多い所では150ミリほどの大雨となるおそれがありますので、
土砂災害や川の増水に十分注意してください。

◆午後の天気
・道央と道南
函館では午後3時過ぎから雨が降り始め、風も強く横殴りに降りそうです。
札幌は夜遅くから雨が降り出すでしょう。

・道北とオホーツク海側
これから道北にも雲が広がります。
きょうはまだ雨の降らない所が多いですが、
あす朝には広い範囲で雨となる見込みです。

・太平洋側
胆振や日高は夕方から本降りの雨でしょう。
道東は夜遅くに降り始めます。
海沿いは風が強く、車のハンドルが取られるほどとなりそうです。

◆週間予報
・日本海側とオホーツク海側
あすの札幌は午前中を中心に雨が降りやすいでしょう。
最高気温は15℃で北風が吹くので、上着を着ていても寒く感じられそうです。
大雪山系など高い山では雪になる可能性があります。
日曜日も稚内は荒れた天気で、その他もすっきりしない天気となる見込みです。

・太平洋側
あすは道東や日高地方で暴風雨に警戒してください。
月曜日になると天気が回復し、気温も20℃前後まで上がるでしょう。
秋の快適な陽気がしばらく続きそうです。

直近のニュース