北海道ニュース UHB

「早めに接種を」新型コロナリスクある高齢者にインフル接種呼びかけ"自己負担1400円"10月1日から

2020年9月28日12:00
 北海道札幌市は、新型コロナウイルスの重症化のリスクが高い高齢者に「インフルエンザの予防接種」を受けるよう呼びかけています。

 札幌市は65歳以上の人や60歳以上65歳未満で、心臓や呼吸器の機能に障害がある人などを対象に、インフルエンザワクチンの優先接種を行っています。

 接種期間は10月1日からで、1400円の自己負担で受けることができます。 

 札幌市では、インフルエンザと新型コロナの同時流行に備えて、2020年度は"助成費用を増額"していて、約52万人の高齢者全員分の費用を確保したということです。 

 札幌市では「高齢者は重症化のリスクが高いため、早めに接種してほしい」と呼びかけています。 

 問い合わせは、札幌市各区の保健センターや医療機関で受け付けています。

直近のニュース