北海道ニュース UHB

「やっていません」母親の交際相手の男 法廷で"無罪"を主張 詩梨ちゃん事件初公判 判決は10月16日

2020年9月29日12:15
 2019年6月、北海道札幌市中央区で当時2歳の女の子に暴行したうえ、放置したとして傷害致死などの罪に問われている母親の交際相手の男の初公判が9月29日、札幌地方裁判所で開かれ、男は「無罪」を主張しました。

 2019年6月、札幌市で当時2歳の池田詩梨ちゃんが死亡した事件。 

 起訴状などによりますと、飲食店経営、藤原一弥被告(25)は、2019年5月から6月にかけ詩梨ちゃんの頭などを殴ったほか、たばこの火を押し付けてケガを負わせたうえ、必要な治療を受けさせず死亡させたとして、傷害致死などの罪に問われています。 

 初公判で藤原被告は、落ち着かない様子で法廷に現れ、「やっていません」と無罪を主張しました。 

 一方、検察側は冒頭陳述で「藤原被告と、詩梨ちゃんの母親である池田莉菜被告は、詩梨ちゃんが亡くなる直前の20日間、部屋に閉じ込めほとんど食事を与えなかった。その上、藤原被告が全身に暴行していた」と指摘しました。

 判決は10 月16日に言い渡されます。

直近のニュース