北海道ニュース UHB

「夫婦は死亡の事実を隠すことを決意した」0歳児遺体を庭に埋めた罪に問われている夫婦"起訴内容"認める

2020年9月29日20:00
 次女の遺体を自宅の庭に埋めた罪に問われている北海道旭川市の夫婦が、9月29日に旭川地裁で開かれた2回目の公判で起訴内容を認めました。

 起訴状などによりますと、旭川市の京田陵被告(38)と妻の麻理乃被告(36)は2019年7月ごろ、共謀して次女・礼王ちゃん、当時0歳の遺体を自宅の庭に埋めて遺棄した死体遺棄の罪に問われています。

 29日に開かれた2回目の公判で、起訴内容に間違いがあるかどうか聞かれた京田陵被告は「特にないです」と答え、妻の麻理乃被告も「間違いありません」と答え、起訴内容を認めました。

 検察側は冒頭陳述で「礼王ちゃんは2019年7月ごろ頭蓋骨骨折を伴う頭蓋内損傷で死亡」し「夫婦は死亡の事実を隠すことを決意した」と指摘しました。

 夫婦は礼王ちゃんの分の国の定額給付金10万円をだまし取った詐欺の罪でも起訴されています。

 次回の公判は、11月4日に開かれる予定です。

直近のニュース