北海道ニュース UHB

「中身が怪しい」有名ブランドの瓶に"安い化粧水"入れネット販売 18歳少年書類送検 被害約80万円か

2020年10月22日17:54
 ブランド名が書かれた空き瓶に別の化粧水を入れてインターネット上で販売し現金をだまし取ったとして、北海道札幌市の18歳の少年が書類送検されました。

 詐欺や商標法違反などの疑いで書類送検されたのは、札幌市西区に住む派遣社員の18歳の少年です。

 少年は2019年10月から2020年2月にかけて、有名ブランドの名前が書かれた空き瓶に、別の安い価格の化粧水を入れてネット上で北海道内外の女性2人にあわせて3本を販売。代金約4万円をだまし取った疑いが持たれています。

 少年は正規品の半額ほどの価格で化粧水を販売していて、実際に購入した女性から「中身が怪しい」などと相談があり警察が捜査していました。

 調べに対し少年は「金がなくもうかるのでやった」などと容疑を認めていて、警察はこれまでに80万円分ほど売りさばいたとみて余罪を調べています。

直近のニュース