北海道ニュース UHB

炎上イカ釣り漁船…岸壁の電源とつなぐケーブルが激しく損傷 "ショート"して出火か 船長消火も収まらず

2020年10月28日21:45
 北海道根室市の港でイカ釣り漁船が燃え船長がやけどをした火事で、船の電源ケーブルに激しく焼けた跡があることがわかりました。

 この火事は10月27日午後6時20分ごろ、根室市の花咲港で青森県中泊町のイカ釣り漁船「貴宝丸」が燃えたもので、消防車4台が出動したほか、海上保安庁の巡視船が放水し消火しました。

 この火事で47歳の男性船長が右手にやけどをしました。

 海上保安庁などが火事の原因を調べたところ、当時、岸壁の電源と船をつないでいた電源ケーブルに激しく焼けた跡があったことがわかりました。

 海上保安庁などは、電源ケーブルがショートした可能性もあるとみて調べています。

 出火した時、船長は操舵室にいて、船員室の右側から黒煙が出ているのに気づき、消火しようとしましたが、火が収まらなかったため岸壁に逃げたということです。

直近のニュース