北海道ニュース UHB

"全13名様 お1人あたり5億円" コロナ「特例給付」? 財務省職員装った不審メール届く 詐欺に注意

2020年11月16日21:05
 新型コロナウイルスに絡み、現金5億円を特別給付するという内容の不審なメールが北海道釧路市の60代の男性に届きました。

 全国的に新型コロナウイルスに関連する特殊詐欺が相次いでいることから、警察が注意を呼び掛けています。

 不審なメールが届いたのは、北海道釧路市に住む60代の男性です。

 警察によりますと11月16日午後、財務省の職員を語る人物から男性のスマートフォンにメールが届きました。
 
 男性がメールに添付されていたURLを開いたところ、「財務省より特例通知【決定事項】」というタイトルで、「財務省の機密費より特例給付」「全13名様 お1人あたり5億円」が受け取れるなどと記されていました。

 メールには「不明な点などがあればこの連絡先まで」とメールの送信を促す案内があり、その後個人情報を入力するよう指示される形式になっているとみられています。
 
 不審に思った男性が警察に連絡し、被害はありませんでした。

 警察は「全国的に新型コロナに関連する特殊詐欺事件が相次いでいるので、注意してほしい」と呼びかけています。

直近のニュース