北海道ニュース UHB

"女社長"名乗るメール「あなたに300万円寄付したい」70代男性 手数料名目10万円分だまし取られる

2020年11月28日11:30
 "女社長"を名乗る人物から届いた不審なメールをきっかけに、70代の男性が現金10万円相当をだまし取られる詐欺事件があり、警察が捜査しています。

 警察によりますと11月17日、北海道の日高地方に住む70代の男性のもとに企業の"女社長"を名乗る人物から、「あなたに300万円を寄付したい」「私の余命はもう半年しかない」などとメールが届きました。

 男性がメールに返信したところ"女社長"とやりとりが始まり、その後「寄付金を受け取る手数料」を要求する内容のメッセージが届きました。

 男性は近くのコンビニエンスストアで7回にわたり電子マネー計10万円分を購入し、"女社長"にIDを教えだまし取られたということです。

 11月26日にコンビニエンスストアの関係者が、何度も電子マネーを購入する男性を不審に感じ事情を聞いたところ、男性が詐欺被害に遭っていたことがわかり警察に通報。事件が発覚しました。

 メールに"女社長"の氏名や会社名などは書かれておらず、警察は架空請求詐欺事件として不審なメールを送り付けた人物の特定を急いでいます。

直近のニュース