北海道ニュース UHB

北海道の天気 12/1(火) 日本海側で雪続く…12月スタートは寒さもピークで真冬日続出!

2020年12月1日12:00
(佐藤俊和気象予報士が解説) 正午現在

日本海側ではまとまった雪がとなりました。
この時間も石狩湾周辺に活発な雪雲が流れ込んでいて、
午前11時の積雪は美唄で45センチと、11月30日のこの時間に比べて30センチ以上増えています。
札幌も1センチの積雪を観測しています。

午後も上川や空知など、似たような所で雪が続く見込みです。
あす2日にかけてさらにジワジワと積雪が増えるでしょう。

◆予想最高気温
きょう1日は寒さもピークとなりそうです。
稚内と富良野は氷点下3℃、旭川も氷点下2℃と真冬日の予想です。
札幌も0℃止まりで、12月スタートは今季一番の寒さという所が多くなりそうです。
冬本番と思って、しっかりと防寒をしてください。
また、降った雪が凍りつきますので、路面凍結にも注意が必要です。

◆午後の天気
日本海側を中心に雪で、沿岸部ではふぶくところもあるでしょう。
札幌は日差しが出ても、急に雪が降ってくることがありそうです。
オホーツク海側も、知床周辺は雪が降りやすい見込みです。
あす2日の朝までに予想される雪の量は、
上川・留萌・空知地方で30センチ、
札幌も市街地で5センチ前後降るとみています。

◆週間予報
・日本海側とオホーツク海側
日本海側は木曜日にかけて雪が降りやすいでしょう。
上川や空知では1日あたり20センチほど、雪が降りそうです。
寒さは週末には和らぎ、札幌は土曜日・日曜日ともに5℃まで上がる予想です。

・太平洋側
函館では雪雲が流れ込んでくることがあるでしょう。
一方、道東は冬晴れの日が多くなりそうです。
空気が乾燥しますので火の元にご注意ください。
週末は各地で5℃以上まで気温が上がる見込みです。

直近のニュース