北海道ニュース UHB

5人死亡 176人感染北海道…旭川感染拡大続く 札幌は"集中対策期間"で最少に

2020年12月2日19:35
 北海道内では12月2日、新型コロナウイルスで5人が亡くなり、176人が感染したことがわかりました。このうち札幌では66人と、集中対策期間以来最も少なくなりました。

 北海道内では12月2日、新型コロナウイルスで札幌の70代と80代の男女2人を含む5人が亡くなりました。

 新たに感染が確認されたのは札幌市で66人、旭川市で46人など合わせて176人です。

 札幌の感染者66人は「集中対策期間」として札幌ススキノで時短営業を要請した11月7日以来、最も少なくなりました。

 一方、クラスターが発生している「札幌田中病院」では、介護職員と入院患者7人が新たに感染。感染者は153人に上っています。

 そして、旭川市では新たなクラスターが発生。障がい者施設の「北海道療育園」ではこれまでに利用者と職員合わせて24人の感染が確認され、市はクラスターと認定しました。

 また、クラスターが発生し感染が拡大している2つの総合病院のうち、「旭川厚生病院」では新たに患者と職員15人の感染が確認され、感染者は北海道内で最も多い171人となりました。

 一方の「吉田病院」でも患者3人の感染がわかり、165人に上っています。

直近のニュース