北海道ニュース UHB

「重大な事実誤認で解任は違法」パワハラ認定受け北海道大学の前総長 国と大学提訴へ

2020年12月2日20:15
 北海道大学の名和豊春前総長(66)が教職員へ不適切な行為をしたとして文部科学省に解任された問題で、名和前総長は解任の取り消しと損害賠償を求め、国と北海道大学を相手に提訴することがわかりました。

 名和前総長は教職員への過度な叱責など不適切な行為を理由に2020年6月、任期途中で解任されました。
 
 名和前総長の代理人によりますと、解任を文科省に申し出た総長選考会議には、重大な事実誤認などがあった上、裁量権の逸脱と濫用があり、解任は違法だとして提訴に踏み切ったということです。

 12月10日に札幌地裁に提訴する予定で、国と北大に解任の取り消しと約1466万円の損害賠償を求めるとしています。

直近のニュース