北海道ニュース UHB

「ここで終われるのはハッピー」サッカーJ1コンサドーレ早坂良太選手現役引退

2020年12月2日18:45
 今季限りでの引退を発表したサッカーJ1・北海道コンサドーレ札幌の早坂良太選手が12月2日、オンラインで取材に応じ心境を語りました。

 早坂選手は「コロナで自分を見つめ直す時期が多かった。体やいろいろな部分と向き合って夏には自分なりに引退を決めていた。昨季、初めてリーグ戦で20試合以上出られなくてベンチに座る機会が多かった。試合に出たいけど出られなくてそれでも準備をするというメンタル的にこれ以上はプロとして維持できないということが一番大きかった」と引退の理由を語りました。

 早坂選手は静岡大学からJFLのホンダFCを経てJリーグ入りした経歴を持ち「誰かや環境のせいにするのはつまらない、自分のサッカー人生、自分で決めて自分で責任をとる」と心がけてきたと言い「引退も自分で決断し周囲にも尊重してもらえた。30歳までのJリーガー生活と思っていたがサッカーの面白さ、奥の深さを知りここまでできた。最後にミシャ(ペトロヴィッチ監督)のもとでサッカーが好きだった小さい頃の気持ちを感じることができて幸せだった」とも話しました。

 早坂選手は引退後の進路は明かしませんでしたが「サッカー以外に興味があった」と話しました。

 2020季ホーム最終戦(12月5日、対セレッソ大阪)後に引退セレモニーが行われる予定です。

【早坂良太選手のプロフィール】
 1985年9月19日生まれ、奈良県出身
静岡大~JFL・Honda FC(08年~09年)~鳥栖(10年~16年)~札幌(17年~)

直近のニュース