北海道ニュース UHB

札幌医科大学附属病院で11人感染判明…"2週間程度"新規入院患者の受け入れ制限へ

2020年12月3日16:28
 札幌医科大学附属病院は12月3日、複数の病棟から新型コロナウイルスの感染者があわせて11人確認されたと発表しました。

 12月1日に入院患者と看護師1人の感染が確認され、濃厚接触者の検査を進めたところ、11人(入院患者8、看護師3)の感染が判明しました。

 病棟は、南4階病棟と、南5階病棟で札幌医大病院は、この2つの病棟間の関連性は極めて低いとしていて、札幌市保健所と調査を進めています。

 これらの病棟には、耳鼻咽喉科、呼吸器・アレルギー科、腫瘍・血液内科が入っています。

 同病院では、必要な場所の消毒をし、12月1日から2週間程度、当該病棟への新規入院患者の受け入れを一時制限しているということです。

直近のニュース