北海道ニュース UHB

「旅行や買い物に」北海道銀行の40代元行員の女性 "611万円"着服…懲戒解雇に

2020年12月3日17:00
 北海道銀行の札幌市内の店舗で働いていた40代の元行員が、611万円を着服していたことがわかり、銀行は懲戒解雇処分としました。

 懲戒解雇処分を受けたのは、北海道銀行の札幌市内の店舗で働いていた、40代の元行員の女性です。

 北海道銀行によりますと、元行員は2018年6月から2020年10月までの間、銀行の現金管理機から複数回にわたってあわせて611万円を着服していました。

 10月に元行員が休暇を取得した際に、現金管理機にトラブルがあり、機械を調べるなかで現金が少ないことが判明しました。

 元行員は機械で扱うことができない新札などを手動で機械に収めたことにして、実際には着服するという手口を繰り返していたということです。

 銀行の調査には着服を認め、「旅行や買い物に使った」と話し、全額弁済しています。

 北海道銀行は懲戒解雇処分にするとともに、警察に被害届を出す方針です。

 着服を受け北海道銀行は、「今回の事態を重く受け止め、法令等遵守のさらなる徹底等、内部管理体制の一層の充実・強化を図り、信頼回復と不祥事事件の再発防止に向けて全行をあげて取り組んでまいります」とコメントしています。

直近のニュース