北海道ニュース UHB

「1人でドライブに…」ガードレール破り横転 その場から去った男逮捕 動機捜査へ

2020年12月3日20:15
 函館市の国道で乗用車がガードレールを突き破り横転し、その後運転手が立ち去った事故で、56歳の男が逮捕されました。

 道路交通法違反(事故不申告)の疑いで逮捕されたのは、北海道南部・今金町に住む無職の56歳の男です。

 男は11月25日午前0時ごろ、函館市小安町の国道278号線で乗用車を運転中に、ガードレールを突き破る事故を起こしたもののその場から立ち去り、事故を起こしたことを警察に届け出なかった疑いが持たれています。

 事故当時、付近の住民から「乗用車が横転し、中に人が閉じ込められている」と119番通報があり、消防が5分後に現場に駆け付けた際にはすでに男の姿はなく、警察も行方を捜査していました。

 警察は現場に残されていた車から、所有者を特定していましたが、12月3日午前に男自ら警察署に出頭。状況を確認し逮捕しました。

 調べに男は「1人でドライブに来ていた」と話し、容疑を認めています。

 警察によりますと車内には血痕があり、男が事故後自力で外に出て徒歩、または何者かの協力を得て、現場から立ち去った可能性があると見ています。

 警察は、男が事故直前に酒を飲んで車を運転していたなどの可能性も視野に動機を追及するとともに、協力者がいた場合に犯人隠避の疑いもあるとみて調べています。

直近のニュース