北海道ニュース UHB

サッカーJ1・コンサドーレ12月5日ホーム最終戦 福森晃斗「サポーターと一緒に笑顔で終わりたい」

2020年12月4日17:45
 12月5日ホーム最終戦を迎えるサッカーJ1・北海道コンサドーレ札幌。12月4日、試合会場となる札幌ドームで前日練習を行いました。この日は試合さながらのミニゲームや前節のサンフレッチェ広島戦で2得点を挙げたセットプレーの動きを入念に確認するなど、約1時間半汗を流しました。

 全体練習後、この日が今季北海道札幌市内で行う最後の練習だったため、先日引退を発表した石川直樹選手(35)、早坂良太選手(35)を中心に集合写真を撮影。チーム一丸で6試合連続負けなしと相性の良いホームで、リーグ5位のセレッソ大阪を迎え撃ちます。

 現在、直接FKで2試合連続ゴール中の福森晃斗選手(27)は練習後、オンライン取材に応じ、「キックのフィーリングは前日練習では悪くなかった。それでも気負わずに、いつも通りのプレーをして、ゴールなりアシストが“おまけ”でついてくればいい。ホームでは良い結果がずっと続いてきている。明日も勝ち切って、サポーターのみなさんと一緒に笑顔でホーム最終戦を終わりたい。」と活躍を誓いました。

 ペトロヴィッチ監督(63)は「これまで通りアグレッシブな守備、ボールを奪ってからゴールに直結するようなプレー、マイボールの時はボールを動かしながら狙いをもった攻撃をしていく。今季我々をサポートしてくれた方々に良いゲームを見せて勝利をプレゼントしたい。もうひとつ、早坂と石川、2人の選手が今季をもって引退する。明日がホームで最後のゲーム。2人を良い形で送り出したい。」と意気込みを語りました。

 12月5日のホーム最終戦(対セレッソ大阪)は札幌ドームで午後2時キックオフ。試合後、石川選手・早坂選手の引退セレモニーも行われます。

直近のニュース