北海道ニュース UHB

国内最大クラスター221人に拡大…旭川市新たに27人感染 死者発表5日ぶり「0」

2020年12月5日15:23
 北海道旭川市は12月5日、新たに新型コロナウイルスの感染者が27人確認されたと発表しました。

 12月に入り1日20人以上の感染確認は5日連続です。

 死亡者の発表は11月30日以来5日ぶりに「0」でした。旭川市では12月1日から4日までに計18人の死亡発表がありました。


 これまでのクラスターが拡大しています。

●吉田病院
 新たに10人(患者8、看護師1、介護員1)の感染が確認され、この関連の感染者は計183人(職員48、患者116、非公表16、北海道発表分3)となりました。


●旭川厚生病院
 新たに10人(患者1、看護師6、職員2、北海道発表分1)の感染が確認され、この関連の感染者は計211人となりました。

 同病院は5日、新たに感染者7人が確認され、あわせて221人(職員と関係者74、患者147)になったと公表し、4日に並んでいた東京都台東区の「永寿総合病院」を上回り、国内最大となりました。

 118人が院内で入院治療をしていて、感染し休職していた職員も順次復帰し、これまでに14人が現場に戻って治療にあたっているとしてます。

 関係者によりますと、これまでに9人が死亡しているということです。


●北海道療育園
 新たに患者2人の感染が確認され、この関連の感染者は計30人となりました。


 また市立中学校の生徒の感染が判明し、当該生徒が在籍するクラスを12月7日は学級閉鎖とし、その後の再開は保健所の調査に応じて判断するとしています。

【このほかの感染者情報】
・20代男性 会社員
・10代男性(職業調査中)
・10代男性(職業非公表)
・30代男性(職業非公表):濃厚接触者は確認済み
・年代・性別非公表 2人

 旭川市内の病床使用率は、前日から4%増え約64%となり、最大のクラスターが200人を超えていて、依然として厳しい医療提供体制は続いています。

 旭川市内の病床使用率は、前日から4%増え約64%となり、最大のクラスターが200人を超えていて、依然として厳しい医療提供体制は続いています。

 5日は北海道内で4人が死亡、感染者は北海道発表分42、札幌市111、小樽市3人確認されていて、あわせて183人。北海道内で感染者が3日ぶりに200人を下回ったものの、31日連続で100人を超えています。

直近のニュース