北海道ニュース UHB

苫小牧出身の丹羽孝希 全日本卓球選手権で敗退「五輪ではなくまずはTリーグで…」

2021年1月17日07:00
 大阪で行われている全日本卓球選手権。2021年1月16日、男子シングルス準々決勝が行われ、北海道苫小牧市出身の丹羽孝希選手(26=スヴェンソン)が田中佑汰選手(愛知工大)に2-4で破れました。

 3年連続で準々決勝の壁を破ることができなかった丹羽選手「(2-2で迎えた)5ゲーム目を落としたのが敗因です。すごく悔しい」と、リードしながら逆転で奪われたシーンを勝負所だったと振り返りました。

 2021年は正月返上でトレーニング。今年から中国製の粘着ラバーを試すなどコロナ禍でも五輪代表として進化を求めてきた丹羽選手。国際大会が中止となる中でも、常にモチベーションを保ち続けてきました。悔しい結果を受けて丹羽選手は「五輪のことはまだ考えていない。まずは目先のTリーグ。バックハンドを強化したい」と、次なる目標を掲げ、気持ちを切り替えていました。

【 丹羽孝希 選手 】
北海道苫小牧市出身 26歳 スヴェンソンホールディングス所属
2009、2011~2019年度 世界卓球選手権大会日本代表として出場
2011年度 世界ジュニア選手権大会 男子シングルス優勝
2012年度 全日本卓球選手権大会 男子シングルス優勝
2016年度 リオデジャネイロオリンピック 男子団体銀メダル
2021東京オリンピック 卓球 男子シングルス・男子団体 代表内定

直近のニュース